福岡の弁護士 すばる法律事務所 ご相談の際には

【ご相談の際に持参していただくとよいもの】

ご相談いただく際には、以下のものをできるだけご準備ください。
ご相談内容を弁護士が短時間で要領よく把握しやすくなります。
ご相談予約の際に改めてご案内させていただきます。
また、ご相談の際には、以下のものに限らず、関係すると思われるものは可能な限りすべてお持ちいただくつもりでいただいた方がありがたいです。

<すべてのご相談共通>
・相談内容や事件経過等を整理したメモ
(文章形式である必要はありません。むしろ時系列ごとにまとめられた箇条書きの方がわかりやすいです)

<離婚のご相談の場合>
・戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
・夫婦の大まかな財産目録(負債(借金)も含みます)

<相続・遺言のご相談の場合>
・亡くなられた方・遺言される方の、生まれた時から現在に至るまでの戸籍
(戸籍全部事項証明書・改製原戸籍謄本・除籍謄本等。よくわからない場合はご相談ください)
・遺言書
・亡くなられた方の大まかな財産目録(資産だけでなく負債(借金)も含みます)
・遺言される方の大まかな財産目録

<交通事故のご相談の場合>
・保険会社の支払額提示
・交通事故証明書

<労働関係のご相談の場合>
・雇用契約書
・給与明細書
・タイムカード
・自らが就職を決めた際の募集要項等の資料(アルバイト雑誌、ハローワークの求人情報等)

<貸金等のご相談の場合>
・借用証
・抵当権設定契約書

<多重債務のご相談の場合>
・債権者一覧表(各債権者の名前、借り始めの時期、現在の債務額、連絡先電話番号、月々の支払額を記載)

<消費者被害(悪徳商法被害等)のご相談の場合>
・契約書
・購入商品の案内パンフレット等

<不動産売買・賃貸借等のご相談の場合>
・登記簿謄本(登記事項全部証明書)
・不動産売買契約書
・賃貸借契約書